スポンサーリンク

無邪気な犬と心臓が止まりかけた父親

こんにちはたのしくいきたいこです

(`・ω・´)ぺこ

 

ワンコが亡くなってから1ヶ月経ちました

この1ヶ月はとても長く感じました

今日はそんなワンコとの思い出の話を描かせていただきました

 

もしかしたら以前LINEブログでも書いたかもしれないけど…

 

まぁいいか

(`・ω・´)

 

どうぞ

 

 

f:id:eriza02160:20210209193132j:image
f:id:eriza02160:20210209193143j:image
f:id:eriza02160:20210209193137j:image
f:id:eriza02160:20210209193140j:image
f:id:eriza02160:20210209193125j:image
f:id:eriza02160:20210209193129j:image
f:id:eriza02160:20210209193151j:image
f:id:eriza02160:20210209193147j:image

 

父上の心臓が18%ぐらいしか動いておらずすぐに大きな病院に行くように言われてそれまでは絶対安静をするように注意されてました

 

そんな父上の心臓付近の上で飛び跳ねるワンコ

ワンコはポメラニアン界の中でも大きい方でこの時は約7Kg

 

ワンコは父上を毎朝起こすことが日課で…正確に言うと父上から朝のオヤツをもらうのが日課でこの日もオヤツを早く頂戴と起こしていました

 

消えそうな声で助けを求める父上と

目をキラキラ輝かせながら父上の心臓を止めようとする犬

 

壮絶な光景でした

 

他にもワンコのエピソードはたくさんありますがこの話が一番の記憶に残っていたので描きました

 

父上の心臓は薬でだいぶ元気になり

今では子猫に振り回される日々を送ってます

 

f:id:eriza02160:20210209200820j:image

誰かみぃのこと呼んだみぃ??

 

 

ワンコが亡くなる前はワンコが亡くなるという恐怖で寝れない日がありました

毎日が辛くて泣いてばかりいました

 

だけどワンコが一生懸命に生きようとする姿を見て飼い主が弱音を吐いたりしちゃダメだ!しっかりしないと!と思い

 

ワンコを介護するためにも自分が倒れるわけにはいかないとしっかりご飯を食べて(いつも通りオヤツも食べて)しっかり睡眠をとってワンコの前では明るく振る舞いました

 

ワンコは私が笑ってると一緒にテンションが上がる子だったので

 

f:id:eriza02160:20210209201707j:image

笑顔のワンコ

 

ワンコが亡くなってからは落ち込んで涙ばかり流す日もあれば逆に変にテンションが上がる日もあったりで体力がたくさん消耗しました

 

ワンコが亡くなって1ヶ月経ち少しづつですがワンコが亡くなった事を受け入れるようになりました

 

大好きなワンコの為に何が出来るか考えた時

私に出来る事はワンコの大好きな笑顔でいることかなと思いました

 

なので今日も明日も笑顔で過ごしたいと思います

(`・ω・´)ノイェイ

 

 

↑だいぶ前にツイートしたワンコの写真

ぶっ…ぶっちゃいくな顔をしちゃってますね

(`・ω・´)笑

でも私の中では世界一可愛いです

 

ちなみに父上の病院の先生ですが本当にあんな感じて父上より病人みたいでした

今も先生は健在です